« 「浜松ギターの旅その2」 | メイン | 「浜松ギターの旅その4」 »

2006年9月20日 (水)

「浜松ギターの旅その3」

見てきました!

kenplay.jpgはいピロシです!さてはて「浜松ギターの旅」も第3回目。前回は実際にThe FG Sunsetを弾いちゃいました!その響がまだ耳に残ってます。いい音でしたぁ~。んでもって今回はいろいろお話を聞きました。
ではどうぞ!

プロの楽器がずらりと並ぶクラフト工房の一角で、写真を撮ったり、ギターを弾いたりと、もはやただのミーハーと化した僕の前に、実際にこのThe FG Sunsetを設計した方が来てくれました。

雑誌に載ってた人だ!(この雑誌

そんなわけで、設計担当者の方からいろいろ面白い話を聞くことが出来ました!

吉田拓郎さん95年あたりから、FG(FG30周年のモデル)を使ってもらっていること。その時の反応が「これ俺が最初に使ってたギターみたいだよ!」と言うもので、この世代のアーティストにはこういう感じが合うんだなってことになり、The FGが出来た話なんかはすんごい面白かったです。
そんな流れで、今回の「吉田拓郎&かぐや姫 コンサート イン つま恋2006」記念モデルとしてThe FG Sunsetが完成したわけなんですね~。

3tone.jpg
The FG Sunsetの細かいこだわりについても聞けました。まず見た目のところ。僕が印象に残ったのは落陽をイメージした3トーンサンバースト。

これはヤマハの技術が成せる業らしいです。すごいキレイですよね!あとは、Fホールから覗くつま恋グリーンラベルと、12フレットのつま恋ポジションマーク。記念感があります!
fg_150.jpg
あとはペグ!これはギターにとって大事なものなんです。それがプロの使用にも耐えうる精度の高いものに変更されてます。まさにプロ仕様のモデルです!

そういう話を聞いていてあっという間に時間がたってしまいました。本当に今回は貴重な話が聞けて感激!協力してくれた、関係者のみなさんありがとうございました!

ってなわけで、シメはいつものとおりこの「The FG Sunset」で弾いてみたい曲!今回はこの曲!
KinKi Kidsの「全部だきしめて」です!なんで?と思う人もいると思いますが、この曲の作曲が吉田拓郎さんなんですね。テレビ番組「Love Love あいしてる」で拓郎さんがFGをもってこれを歌っているのを覚えている人もいると思います!コードをかき鳴らしながら、歌うと物凄い気持ちが良い曲なんでぜひともトライしてみてください!

では次回最終回お楽しみに!最終回は「つま恋コンサート」の話でも!

<今回紹介した楽譜>
全部だきしめて / KinKi Kids (ギター / 弾き語り用)

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://bb.lekumo.jp/t/trackback/324166/12341166

「浜松ギターの旅その3」を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

ぷりんと楽譜について

  • ぷりんと楽譜
    「ぷりんと楽譜」 は、ヤマハミュージックエンタテインメントホールディングスが運営する、ほしい曲を1曲から購入、ダウンロードできるサイトです。コンビニなどで直接購入&プリントすることもできます。

カテゴリー

検索

  • ぷりログ内の記事を検索できます。
Powered by Six Apart