« 本日はグレン・ミラーの命日です。 | メイン | ドラマ「イノセント・ラヴ」挿入曲の「いつくしみ深き」に挑戦! »

2008年12月16日 (火)

ぷり譜DTM普及計画 ~第三章 メロディ編その3~

スタッフ独り事

最近親不知が痛いたいほーです。隔週火曜日の儀式、『ぷり譜DTM普及計画』またまたやってまいりました~。ハンマーマーッ!

さて、無事メロディを鳴らせた私の環境ですが、今日はいよいよ打ち込み方において、生演奏らしさの追求をやってみたいと思います。

教材は引き続きぷり譜から、

崖の上のポニョ / 藤岡藤巻と大橋 のぞみ メロディ楽譜

をとりあげたいと思います。

前回と今回の作業ですが

1.音符どおりに打ち込む(前回)
2.生演奏らしく打ち込む(今回)

の2つの観点で考えてみながら進めようと思います。

前回からの続きということで、今日は生演奏らしさを意識しながら打ち込んでみようと思います。

まずは、音の長さから着目してみましょう。前回は楽譜どおり4分なら4分、8分なら8分で打ち込んでいきましたが、実際の演奏はそうではありません。いわゆる『ノリ』を出すため一つ一つの音に表情をつけるわけで、音を止めるタイミングでも表情が変わります。なので音を止めるタイミングに変化をつけてみます。

Image2_2

















の状態を

Image1


















としてみました。
変化をつけた状態の音がこれです。

先週の、音符どおりに打ち込んだ音と比較してみてください。

上手いかどうかは別として無機質な感じがなくなりました。
次回はこの状態のデータにビブラートをつけていきます。乞うご期待!ハンマーマーッ!

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://bb.lekumo.jp/t/trackback/324166/17461724

ぷり譜DTM普及計画 ~第三章 メロディ編その3~を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

ぷりんと楽譜について

  • ぷりんと楽譜
    「ぷりんと楽譜」 は、ヤマハミュージックエンタテインメントホールディングスが運営する、ほしい曲を1曲から購入、ダウンロードできるサイトです。コンビニなどで直接購入&プリントすることもできます。

カテゴリー

検索

  • ぷりログ内の記事を検索できます。
Powered by Six Apart